2019-08-15

女子大生が吠える!「誰のための教育なんだ!? 教育を社会を世界を変えていきたい!」 chapter2

<目次>

1 留学して気づいた。日本の学校の「ココ変!?」

2 高校を辞めて見つけた居場所

3 教育環境、社会を変えたいという野望は継続中

4 人にどう思われるか?攻撃されるのが怖い・・・

——————————————————————————

第2回

高校を辞めて見つけた居場所

R:それで、Sさんは戦ったのですか?

S:しばらくは。一人で戦いました。

R:じゃあ、孤独な戦い?

S:もちろん、賛同してくれる友達も多くいましたが、叩かれた記憶の方が強いですね。出る杭は打たれるとわかっていましたけど…。意見を述べるとリアルでは説教され、SNSでは誹謗中傷が多くて、だんだんと疲れてしまったんです。そこで、転校することにしました。その学校で学ぶ意味を見入だせなくなってしまって。

R:どこに転校したんですか?

S:通信です。両親には大反対されましたが。

R:転校して良かったですか?

S:はい。拘束時間は短いですし、なぜ学んでいるのかが理解できたので楽でした。以前の高校では、同じような学習を何度もやらされたりなど、学ぶ意味がわからないことが多くて苦痛でしたから。ただ、受験勉強に集中しすぎたのは間違いだったなと思っています。

R:それはなぜ?

S:大学に入ったらもっと自分の時間が持てるかもとか、東京に行けるとかそういう目的で大学に入りたかったんですが、受験勉強を1年もやってしまったので手段ではなく、目的化してしまったのが残念でした。

第3回 教育環境、社会を変えたいという野望は継続中」へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。