2019-06-14

お気に入り映画をご紹介!ダメダメでもいいを教えてくれる『ぐるりのこと。』

皆さんは『ぐるりのこと。』という映画を観たことはありますか?

橋口亮輔監督、木村多江、リリー・フランキーが主演です。

あらすじは、色んな所に書いてあると想いますので(https://cinemarche.net/lovestory/gururinokoto/#i-2)そちらを読んでください。

とは言え、簡単に説明しておきますね。

しっかり者で生真面目な性格の佐藤翔子(木村多江)と、いい加減で女にだらしない佐藤カナオ(リリー・フランキー)は夫婦。カナオは、靴修理スタンド勤務から転職し法廷画家の仕事を始めます。ある時、翔子が計画的に身ごもった子どもを失ってしまい、精神を病んでいく物語です。

私がこの映画の中で最も好きなのは、カナオのいい加減だけど翔子を愛する姿。強烈になんとも言えない魅力を感じました(リリーフランキーさんっていつもそんな役が多いので、ほんとにそういう人なのかな?)。

現代では、翔子のように真面目で頑張り屋の人が、なにかのきっかけで鬱病に陥ってしまうケースが多いようです。一方、カナオのような人間は、世の中の負け組的な存在ではあるものの、こんな風に楽にゆるく生きられたらいいのになあっ、て思うのです。

仕事をちゃんとやって、家事もちゃんとこなして、子育てもちゃんと頑張って…。 みんな「ちゃんとやらなきゃ病」にかかっている気がします。かくいう私もですが。無意識に 「きちんと、ちゃんと、しっかり生きなきゃ!」と日々過ごしている私たち。 そして、カナオみたいにいい加減でだらしない人が許せなくなる。でも、本当はみんなカナオみたいになりたいのかも。寅さんにみんなが憧れるのもその心理?とは言え、なかなかいい加減には生きられないのですが、ちょっとばかりだらしなくても、ダメダメな自分でもいいじゃんと、問いかけてくれる映画でした。少し肩の力抜こうぜ~って。(映画の趣旨はもっと違うところにあると思いますが)

そして、あらすじにも書いてありますが、『ぐるりのこと』は再生を意味するのだそうです。自分を見失ってしまった人間の再生の物語。

生きているということは、何度も転んで起き上がる・・・再生の繰り返しのような気がします。



関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。